房総地方の伝統料理
寿肴=すしな
「すしな」はもともとこの地方の伝統的なサンマを使った押し寿司で、
お正月や祭り、祝い事の食卓には欠かせないものでした。
しかしサンマの骨抜きや漬け込みなどに時間がかかり、作るのに3日もかかることから、最近では一般の家庭であまり作られなくなっています。
この「すしな」は一宮町役場前の「酒菜処もりた」が、町のすすめもあって製造しているもので、滋賀・長浜の鮒寿司ほど個性的ではなく、また関西の押し寿司ほど強い押しがかかってはいません。
それだけにサンマの身の弾力がほどよく生かされて、歯ざわりがとてもよく、評判が評判を呼んでいます。ここで味わうには予約しておいた方が賢明です。

[Sushina]
An old style "Sushi" which is made by provincial manner.
It is made with saury pike.


●寿肴 (酒菜処もりたでの「すしな」の商品名。呼び名は同じ) は
代引き便で注文できます。
1箱¥1,260 (税込)
●上総一ノ宮駅前の「町」の直売所でも販売しています。
販売期間 9月頃〜3月頃

問い合わせは「酒菜処もりた」
長生郡一宮町一宮2515-1 TEL.0475-42-4666
営業時間 13時30分〜20時 (土・日曜定休)

 

 

/


なし・メロン・トマトすしな・辛子みそ